テアトル・オペレッタ・フランセーズ

11月25日の夜、大泉学園ゆめりあホールでの「テアトル・オペレッタ・フランセーズー2」を聴いた。
サブタイトルとして「パリの粋、アンドレ・メサジュの世界」とある。
音楽ブログランキング

この夜は、フランスの作曲家 アンドレ・メサジュのオペレッタ2作品が上演された。
監修は「アール・リリック」でお馴染みの村田健司先生で、全日本語字幕付き。

アンドレ・メサジュ(1853-1929)は、
フランス近代の作曲家、指揮者。もとは宗教曲の作曲家だったが、後期ロマン派音楽の流れを汲むオペラやオペレッタの創作に転じた。オペラでは異国趣味の要素も見られる。 
パリに学び、ニーデルメイエ宗教音楽学校にて一時期サン=サーンスに師事。1874年にサン=シュルピス教会のオルガニストに就任。1874年に作曲家協会に提出した交響曲により金メダルを獲得し、1880年にサント・マリー=デ=バティニョル教会の楽長に就任した。
しかしながら作曲家メサジェの名声を確立したのは、コミック・オペラのオペラ=コミック座における1890年の上演である。メサジェの名声は、口ずさみやすく品の良いライト・オペラ《お菊さん 》(1893年)や《ミレルト》(1894年)、《 Les p'tites Michu 》(1897年)、《ヴェロニク》(1898年)によって上向いていった。中でも《ヴェロニク》はイギリスで大当たりを取っている。
後世はフランス近代音楽を中心に指揮者として活躍し、ドビュッシー:歌劇「ペレアスとメリザンド」「夜想曲」「牧神の午後への前奏曲」、デュカス:交響詩「魔法使いの弟子」などの初演を手がけ、ワーグナー:楽劇「ニーベルングの指輪」や「パルジファル」を初めてフランス語で完全上演するなど、1908年から14年までパリ・オペラ座の常任指揮を務めると同時に、他界するまでパリ音楽院管弦楽団の音楽監督も務め、1924年にはバレエ・リュッス(ロシア・バレエ団)の公演の指揮など当時のフランス音楽界の重鎮と言われた。

主催者のプロフィールは、
*村田健司(声楽家・フランス音楽研究家~監修・字幕と解説):
「歌の工房・アトリエ・デュ・シャン」を運営。
歌を中心として、フランス音楽、文化全般を日本に紹介してゆく。ここには、演奏家をはじめ字幕制作、翻訳、楽譜制作などのスタッフがいる。
フランス音楽のみをプログラムとするサロン・コンサートを定期的に開いている。
声楽家として。
声域はバリトン・レジェで、フランスにおいては、バリトン・マルタンと呼ばれ、バリトンとテノールの間に位置する。日本語にすると「軽やかなバリトン」という、意味。
1974年、フランス、リヨンオペラ座のアペルギス『運命論者ジャック』でデビュー。
日本においては、西武劇場(三谷礼二プロデュース)モーツァルト『フィガロの結婚』の伯爵、日本オペラ協会、東京オペラプロデュース、ミヨー『オルフェの不幸』のオルフェ、藤原歌劇団、ワイル『マハゴニー』のビル、東京室内歌劇団、プーランク『ティレジアスの乳房』の亭主、など。
ソリストとして。
フォーレ『レクイエム』(岩城宏之/札幌交響楽団)
ラヴェル『子供と呪文』(若杉弘/NHK交響楽団、東京都交響楽団)同(小沢征爾/新日本フィルハーモニー)オネゲル『ジャンヌ・ダルク』(若杉弘/NHK交響楽団) etc.

1969年 東京芸術大学声楽科卒業。
1972年 二期会研究生終了。
1972年 フランス政府給費留学生としてパリ音楽院入学。
中山 梯一、吉沢 淑子、疋田 生次郎、ジャャック・ジャャンセン、カミーユ・モラーヌに師事。第1回中島健蔵賞 受賞。
1971年より、11回のフランス歌曲による自主リサイタルを開く。
留学中よりコンサート活動を始め、フランス国立放送(ORTF)を本拠地にフランス、日本その他の現代歌曲を15曲初演。
また、パリの音楽院の依頼により、パリ、トゥールーズでリサイタルを開く。
1984年「プーランクの歌曲」によるリサイタルで文化庁芸術祭優秀賞を受賞。
オペラ訳詞、演出、指揮、フランス語発音トレーナー、字幕スーパーなどフランス音楽のスーパーヴァイザーとしての仕事をしている。
1987年より定期的に渡仏し、フランス歌曲によるサロン・コンサートを各地で開く。

プログラムは、
●アンドレ・メサジュ:オペレッタ「ヴェロニク」~フィアンセからの挑戦状~ 
 = ピアノ/藤原弥生

エレーヌ(ヴェロニク) ~ 地方の名家の令嬢 : 越川典子
フロレスタン子爵 : 北野晃司
エルムランス(エステル) ~ エレーヌの叔母で未亡人: 竹内知子
アガーテ ~ コクナールの妻。フロレスタンの不倫相手。: 石井 愛
コクナール ~ 花屋の主人: 苅田幸雄

フロレスタンは青春を謳歌し、放蕩生活を送る若者。そんな彼の借金を発端にして起こる騒動。
良家の娘エレーヌは、遊び人で金欠病のフロレスタン子爵と婚約するが、別の愛人との密会を目撃してしまう。彼をこらしめるために彼女は身を隠し、正体不明のヴェロニクという町娘に変装して彼に近づき……。

●アンドレ・メサジュ:オペレッタ「パッシオネマン(情熱)」~情熱的に!~  
 = ピアノ/染矢早裕子

スティーブンソン~アメリカのビジネスマン : 青木俊輔(俳優)
ケティ(マルガレート)~スティーブンソンの妻 : 三橋洋子
ロベール~商談相手 : 村田健司
エレーヌ~ロベールの愛人 : 村瀬千佳子(女優)
バロア伯爵 : 青木俊輔(2役目)
ジュリア~ロベールの女中 : 石井 愛

アメリカで禁酒法があった時代。 アメリカ人実業家スティーブンソンは、妻を連れて、愛とワインの国・フランスを目指す。そこで出会った 伊達男ロバート、その愛人を巻き込んでのラブコメデイ。 
アルコールを飲んだ途端に人生バラ色になってしまうとは。

感想としては、
私は、村田健司先生主催の演奏会は「アール・リリック」として3年ほど前からたびたび楽しませてもらってきた。そして今年度から、フランスのオペレッタを別枠に「テアトル・オペレッタ・フランセーズ」として、年に2回程度、公演されるようになった
今夜のメサジェの作品は村田健司先生がパリの古本屋で発見した作品も多いと聞き、他では聴けない一品ばかりで、特に興味深い。
資料も少なく音源も手に入りにくい中、「歌の工房・アトリエ・デュ・シャン(代表/村田健司)」では、作品研究を行い上演しやすい形にまとめている。
また、演奏の合間に、村田健司先生がわかり易く解説してくださるので、直いっそう興味をそそる。
また、出演の方々の中には、一般の会社でサラリーマンやOLとして生計を立てる傍ら、このようにソリストとして出演している声楽家の方々も多いと聞く。

村田健司さんは、プロフィールのとおり八面六臂の活動をされている。
ホームページにその活動の概要が載っており、催し物の料金もとてもリーズナブルです。
一度、お出かけになり、フランス音楽の醍醐味を味わってみてはいかが?
http://www.atelier-d-c.com/index.html




あなたの優しい声が〜イタリア&フランス・オペラ・アリア集COZQ-415-6 【マラソン2011冬_趣味】【マラソン1112P10】
コロムビアファミリークラブ
4988001228202CD1枚+DVD1枚収録曲一覧 CD グノー:「ロメオとジュリエット」〜私

楽天市場 by あなたの優しい声が〜イタリア&フランス・オペラ・アリア集COZQ-415-6 【マラソン2011冬_趣味】【マラソン1112P10】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

オペラロング - 保水力がよい!と有名レストランシェフも絶賛!本場フランスパン・ミニバゲット[100個入]【送料無料】
本物のパンのお店 セレクトパンヤ
お届け日のご希望ございましたら5営業日前までにご注文お願いいたします。ご迷惑をおかけします。 ◆商品

楽天市場 by オペラロング - 保水力がよい!と有名レストランシェフも絶賛!本場フランスパン・ミニバゲット[100個入]【送料無料】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ウェーバー:歌劇《オイリュアンテ》カリアリ歌劇場 2002年(リイシュー)COBO-4935-6 【マラソン2011冬_趣味】【マラソン1112P10】
コロムビアファミリークラブ
4988001318705DVD2枚組収録内容一覧 【出演・スタッフ】 プロキーナ フォガソヴァ チ

楽天市場 by ウェーバー:歌劇《オイリュアンテ》カリアリ歌劇場 2002年(リイシュー)COBO-4935-6 【マラソン2011冬_趣味】【マラソン1112P10】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック